BAKU-Dan Blog

サバゲーマーがこの先生きのこるには…

管理人の記事

ゾンビ行為とヒット判定について

投稿日:2014/03/25 更新日:

サバゲーにおいての現状として撃たれたときの判定(ヒット判定)は自己申告である

このヒット判定が自己申告であるが故にゾンビが現れる

サバゲーにおけるゾンビとは一言で言うと「死なないやつ」である

 

このゾンビが現れることで気持ちよくゲームができなくなることがある

ただこのゾンビについて少し考えてみるとゾンビではないゾンビがいる場合がある

 

どういうことかと言うと、「認識と事実の相違」

 

わかりやすいように撃っている側の認識撃たれている側の認識を書き出してみる

 

撃っている側の認識

  1. ヒットした
  2. ヒットしなかった
  3. ヒットしたと思った(誤った認識)

 

撃たれている側の認識

  1. ヒットした
  2. ヒットしなかった
  3. ヒットしたが気付かなかった(認識できない)

 

2については双方ともヒットしていない認識だから問題ない

 

1はどうだろう

双方ともヒットした認識ではあるが

ヒットコールが

あるとき と ないとき がある

 

ここで ないとき悪意のゾンビである
(法律用語としての悪意は、ある事実について知っていることをいう。これに対して、ある事実について知らないことは善意という。この用法における善意・悪意は道徳的価値判断とは無関係である。-wikipediaより引用 )

041303

 

3はどうだろう

撃っている側は
ヒットしたと思いこんでいる

撃たれている側は
ヒットしたが気付いていない

 

思いこみ気付いていない ことが
善意のゾンビを生み出してしまっている
(気付かないフリは悪意、気付けないことは認識できないから善意)

041229

撃っている側は思いこみと事実の違いに気付かず相手をゾンビではないのにゾンビとみなしてしまうことがある

 

撃たれている側は当たっていても気付かない(認識できない)ならゾンビではないがゾンビと思われている

 

つまり、1悪意のゾンビはルールの強化やモラルの向上でなくなる可能性はあるが

3善意のゾンビは自己申告制であるが故にどうしようもないところである

 

何が言いたいかというと

上記のような事柄が連続的に起こっているのがサバゲーであり

撃ち合いをしているのだから当然に

「仕方ない」

くらいに考えて楽しく遊ぶことに集中した方が勝ち組だと言いたい

 

 

最後に大好きな宮沢賢治さんが書き残してくれた詩を紹介してこの投稿の〆にしようと思う

 

最後まで読んでくれてありがとうございました

 

雨ニモマケズ

(現代語訳にしておいた)

雨にも負けず 風にも負けず

雪にも 夏の暑さにも負けぬ 丈夫な体を持ち

欲はある

決して怒らず

いつもみんなと笑っている

一日遊び尽くすためにも

しっかりとご飯を食べ

お菓子も食べる

ゲームルールを

自分を勘定に入れずに よく見聞きし 分かり

そして忘れず

関西フィールドの至る所に朝早くから出没し

東に撃たれた仲間あれば 行って メディックしてやり

西に弾切れの友あれば  行って  弾薬分けてやり

南に独りで寂しい人あれば  行って  一緒にやらないかと言い

北に悪態や 罵倒があれば つまらないからやめろと言い

開始直後のヒットは  涙を流し

相手がゾンビでも自分は潔く死ぬ

みんなに変態と呼ばれ

ほめられもせず 苦にもされず

そういうものに わたしはなりたい

爆DAN

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

見てほしい記事

1

みなさん こんにちは こんばんは ブログ管理人のヨスガノです   最近になって人とのコミュニケーションの場で「趣味はサバゲーです^^」というと 意外にも「わあー やってみたい!」というお声を ...

2

みなさん こんにちは こんばんは ブログ管理人のヨスガノです チーム爆DANにはスナイパーライフルを使う人が少ないです メリットも少ないですが 2、3センチの隙間から敵を仕留めたときの感覚は癖になりま ...

3

みなさん こんにちは こんばんは 闇の管理人ヘルシェイクヨスガノです   みなさんはサバゲーで使うエアソフトガンを 箱出しノーマルで使っていますか? それともカスタムしていますか? そのカス ...

4

みなさん おはようございます わたしが「Y」です 今日はとてもワクワクするお知らせです タイトルにもあるように とうとう G&G PDW15 AR 401custom を売ります   ...

-管理人の記事
-, , ,

Copyright© BAKU-Dan Blog , 2018 All Rights Reserved.