401の記事 カスタム

401custom G&G Chione 16 カスタム

今回は、福本様よりお預かりしました。

G&G Chione 16をプチカスタムします。

サクッと分解して、中身を見てみます。

( ̄^ ̄)ゞ



まずは計測!

フルで撃つと弾が詰まって計測出来ません!

まぁ〜そんな所も含めて見直します。

f^_^;



初速は、いい感じでした。(^。^)



メカboxを取り出します。

メカboxの上になんか!?

乗っかってる!

それにメカboxにやたらとバリが有ります。

f^_^;

めっちゃ手に刺さる!

一通り削っておきます。チクチク痛いので!

(^。^)



G&Gのブローバックですね!

ピストンやギアで直接動かすのではなく!シリンダーの圧縮空気で動かしています。



メカboxをオープン!

パーツ類を取り外して洗浄、チェックします。



シリンダーが回転しないように凸があります。

シリンダーを交換するのに邪魔になるので削り飛ばします。(^。^)



こんな感じで通常のシリンダーが使えるようになります。



シリンダーの前方に小さな穴がありここからブローバックシステムを動かす為の圧縮空気を送っています。

オーナー様に確認してブローバックをキャンセルさせていただきます。

せっかくの圧縮空気を逃がすのは、もったいないので通常のシリンダーに交換して全ての圧縮空気を弾を飛ばすことに使いたいと思います。

f^_^;



軸受けを接着剤で固定してシム調整します。

ベベルギアとピニオンギアのバックラッシュを調整します。



ベベル→スパー→セクターの順番で直接しています。



シリンダーとピストンを交換してヘッドを固定します。



シリンダーにシリコングリスを薄く塗っておきます。



ピストンヘッドとノズルにもシリコングリスを塗っておきます。



各部、各パーツをグリスアップして組み直します。



モーターにSBDを取り付けます。



チャンバー周りをバラします。



G&Gの同軸調整型のチャンバーに交換します。



なるべくお金のかからないプチカスタムにしています。f^_^;

オーナー様からもウケ狙いで買った銃やからとりあえずちゃんと使えるようにと!(^。^)

今回は、これぐらいにしておきましょう!

f^_^;

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
もし!?
401customに興味を持たれた方、カスタムやメンテナンスのご依頼など下記のtwitterのDMなどでご連絡ください!
よろしくお願いします。

もちろん!質問や相談などでもかまいません!

twitter:@401custom

-401の記事, カスタム
-, ,



(1ポチ/1日オネガイシマス)