401の記事 カスタム

401custom G&G ARP556 カスタム ②

投稿日:2018/03/01 更新日:

こんにちは、401customです。

G&G ARP556のメカBOXが組み上がったのでフレームに組み直していきます。

メカBOXを閉じてセレクターギアを取り付けます。

メカBOXをフレームに組み直すコツですが、セレクターギアをフルオートの位置に合わせます。

この状態でロアレシーバーに組み直します。

ギアの愛マークを合わせておきます。

セレクターレバー、トリガーロックピン、フレームロックピンを取り付けます。

グリップを組み直してモーターを取り付けます。

起動テスト!!(≧∀≦)気持ち〜〜ぃ!

コネクターをミニTコネに交換します。

バッテリースペースを確保したいのでヒューズもオミットします。

漢ですから!( ̄^ ̄)ゞ

2000m/AのミニSタイプのバッテリーを使用します。

キレイに納まりました。(^。^)

続いてチャンバー周りを加工します。

ついに出ましたね!G&Gも同軸調整型チャンバー!(^。^)

今まで主に加工してVFC製を使っていましたが今回は、このG&Gの同軸調整型チャンバーを使用します。

HOP調整ダイヤルはクリック感もあり調整しやすいと思います。

チョット楽しみ!(^。^)

バラしてみると小さなボールがスプリングのテンションで飛んでいきそうになりました。次からは気をつけます。f^_^;

インナーバレルを15mm延長してHOP窓を加工します。

ノーマルのハイダーからはみ出ないギリギリの長さです。

コレで少し初速を稼ぎます。(^_^;)

チャンバーパッキンは安心のマルイ純正にを使用します。

小さなボールを失くさないようにグリスで引っ付けておきます。

いつものHOPテンショナーを使うとテンショナーの下がりが少なかったので少しテンショナーを加工します。

HOPテンショナーに要らなくなったチャンバーパッキンを接着して切り取ります。

捨てずに置いといて良かった!(^。^)

なんせ貧乏性なんで!f^_^;

こんな感じでHOPテンショナーの嵩上げ完了!

ガッツリHOPテンショナーが降りるようになりました。実際にはここまで下げませんが、、、

それでは組み直して計測してみます。

カスタム前の箱出し状態での計測です。

いい感じに落ち着いています。(^。^)

野外での試し撃ちが楽しみです。

 

先日のオペレーションでの爆祭でお披露目と実戦投入してきましたが!!

G&Gの同軸調整型のチャンバーも使い勝手が良く!弾道、飛距離共に合格です。

おかげさまで40mぐらいのヘッドショットを3回ぐらい美味しく頂けました。f^_^;

これだけでご飯三杯はいけるかな!?(^。^)

次回の爆祭にも持って行きますので興味のある方は是非!試し撃ちしてみてください!

気兼ねなく声をかけてくださいね!(^-^)/

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
もし!?
401customに興味を持たれた方、カスタムやメンテナンスのご依頼など下記のtwitterのDMなどでご連絡ください!
よろしくお願いします。

もちろん!質問や相談などでもかまいません!

twitter:@401custom

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-401の記事, カスタム
-, , , , ,

Copyright© BAKU-Dan Blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.