401の記事 カスタム

401custom G&G ARP556 カスタム ①

投稿日:2018/02/26 更新日:

こんにちは、よんまるいちcustomです。

先日、分解までしたG&G ARP556です。

各パーツを取り外し洗浄しながらチェックします。

ピストンレールの面取りと研磨仕上げ!

軸受けを接着剤で固定します。

水平にキッチリと!

ベベルギアとピニオンギアのバックラッシュを調整します。

何回も書いてますがココが1番の音鳴りの原因になります。時間をかけて何回も調整します。

開けて閉じてを繰り返しシムを調整します。

納得するまで!

セクターギアはノーマルから3枚カットの13枚仕様です。

G&Gのギアですが何回かカットしたことがありますがメチャ硬いです。しょうもない外品ギアより硬いように思います。(^_^;)

スイッチや小物パーツを取り付けます。

トリガーのストロークをショートに加工します。

絶妙なタッチに仕上げます。

ピストンヘッドはベアリング式です。

ピストンもノーマルからフルスティールです。

このままノーマルピストンでも使えますが、ピストンだけお気に入りに交換します。ピストンのラックギアは接着剤で固定しておきます。

ピストンからラックギアを取り外して脱脂して接着剤で固定します。

ピストンにピストンヘッドをネジロックを塗って固定します。

シリンダーは加速ポートタイプでした。

インナーバレルが短いのでこのまま使います。

シリンダーヘッドは絞り加工します。

真鍮パイプを加工して作っています。

ノーマルのノズルより一回り細いノズルを後方から接着剤を少し塗ってブチ込みます。

ノズル部分が少し延長されて一回り細くなりました。

ギアの作動テストをしたいのでギア単体でメカBOXを組みます。

グリップとモーターを取り付けて!

ギア単体での作動テスト!

バッチリです!(≧∀≦)

バラします。(^_^;)

ギアはワコーズのビスタックでグリスアップします。

シリンダー周りはシリコングリスを塗っておきます。

ピストンヘッドやノズル部分にシリコングリスを塗ります。

手前の短い方がノーマル スプリングです。

バネ鳴りが気になるのでスプリングは交換します。

各部、各パーツをグリスアップして組み上げ完了!

交換したパーツは、ピストンとスプリングだけです。

ほとんどカスタムパーツで構成されているような感じなのでほぼキッチリ組み直すだけでもいけそうな感じですね!

その②へ続きます。f^_^;

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
もし!?
401customに興味を持たれた方、カスタムやメンテナンスのご依頼など下記のtwitterのDMなどでご連絡ください!
よろしくお願いします。

もちろん!質問や相談などでもかまいません!

twitter:@401custom

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-401の記事, カスタム
-, , , , ,

Copyright© BAKU-Dan Blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.