401の記事 カスタム

401custom S&T タボール カスタム

こんに、401です。

今回は、デブグル隊の隊長!おザッキーからの依頼でS&Tのタボールを預かりました。

もともと!そんなに高くない銃なので、そんなにお金をかけずにカスタムしてみたいと思います。

カスタムパーツは多用せず必要最低限の仕様です。



カスタムと言うよりダメな所を見直す感じですかね!(^_^;)

ローコスト、純正部品流用チューン!(^_^;)

とりあえず、バラしていきましょう。(^。^)



ハンドガード⁈バッテリーケース⁈(^_^;)を取り外します。



左右の6角ネジを外します。



ピンポンチなどでピンを打ち抜きます。



コッキングレバー部分を前方にスライドして外します。



アッパーレールも前方にスライドして外します。



ストック部分のロックピン4本とデッカいネジ?(^_^;)をはずします。



マガジンを入れる所の奥にある6角ネジ2本をはずします。



アウターバレルを止めているカバーの6角ネジ4本をはずしアウターバレルを取り外します。



アウターバレルを止めているカバーの下側をはずします。6角ネジ2本です。



メカボックスから伸びているトリガーロッドをトリガー側の6角のイモネジを外して抜きます。

フレームからゆっくりとメカboxを抜き出します。



やっとメカboxが出て来ました。

けっこう手間がかかりますね!(^_^;)



続いて!ポートカバーをはずします。プラスネジ2本です。



おっと!こんな所にスプリングが!!

はずしておきましょう。



なんか見慣れないプレートが付いています。

組み間違えないように方向を落書きしておきます。



小さなスプリングが付いているので飛ばさないように気をつけましょう!(^_^;)



片側を押さえて、小さなマイナスドライバーなどでこじって外します。



コレは⁉︎スプリングが後方から抜けます。

スプリングガイドを固定しているネジをはずします。

初速の調整?スプリング交換が楽ですね!

(^_^;)



スプリングガイドを6角レンチで押しながら90度回転させてはずします。



メカboxを止めているネジをはずします。

けっこうたくさん有ります。(^_^;)



メカboxをオープン!



各パーツをはずします。



パーツをチェックしながら洗浄してきました。



軸受けを接着剤で固定します。



ギアのシムを調整します。



メカboxを閉じて指でギアを回して確認します。



シム調整が終わったのでギアをはずして、カットオフレバーやスイッチ類を取り付けていきます。



タボールのピストンヘッドとシリンダーがイマイチ気密が確保出来ません!シリンダーが少し広いですね!(^_^;)

ステンレス製のシリンダーに変更しピストンヘッドをマルイ純正品吸気穴加工済みに交換します。

シリンダーヘッドにシールテープを巻いてシリンダーと合体!



シリコングリスでグリスアップします。



ノズルがM4用と比べると少し短いです。

M4用が21mmです。



ノズルをM4用に交換します。



ほとんどノーマルです。

きっちり組み直した感じですね!(^。^)



上記画像の上が80スプリング、下がタボールのノーマル、カナリ切り落とされています。

バネの音が嫌なので、とりあえず80スプリングぐらいから試していきます。



作動テスト!!

作動音も静かになり安心して動かせます。



チャンバーを分解します。



ヒョウタン型のHOPテンショナー!(^_^;)

コレに合わせてHOPテンショナーを作ります。ローコストでHOP周りをやり直します。(^_^;)

詳しくは、また別記事で紹介させていただきます。

m(_ _)m



初速も89〜91ぐらいで落ち着きました。

サイクルが、、、(^_^;)モーターがモーターですしね!(^_^;)少し良いモーターに交換するだけで、激変しますね!(^。^)

今回は、なんせローコスト カスタムですから!(^_^;)

-401の記事, カスタム
-, ,



(1ポチ/1日オネガイシマス)