BAKU-Dan Blog

サバゲーマーがこの先生きのこるには…

401の記事 PTW メンテナンス

401custom トレポン シリンダー メンテナンス

投稿日:2016/04/30 更新日:

こんばんは、401です。
皆様から5月4日の爆-DAN 祭!に向けて、お預かりした銃は全て作業が完了しています。
m(_ _)m
また、順番に記事にしていきます。

今回は、チョット変わって!SYSTEMA トレーニングウエポン(トレポン)のシリンダー メンテナンスです。

「えっ!誰のトレポン⁈」って!

また!後日、正式に紹介します。f^_^;)

image

本体から引っこ抜いたシリンダー!

本体も後日、紹介させていただきます。m(_ _)m

システマ純正と違います、たぶんFCC製だと思います。構造は一緒なので!f^_^;)
これをバラしていきます。

image

シリンダーを分解するのに専用工具があると便利です。
大阪のトレポンショップ ゲロバナナさんのスパナです。
ネットでも購入できます。

image

シリンダーの後方からスプリングガイドを外します。
スプリングのテンションがかかっているので、少し押さえながら回して外します。

image

次にシリンダーヘッドを外します。

初速調整の為かスプリングカットされていました。
新しいスプリングを発注します。

スプリングガイドとスプリングを先に外しているので、バビョ〜ン!ってなりません。(^_^;)
シリンダーを分解すると大きく分けて画像のようなパーツ構成になります。

・シリンダー
・シリンダーヘッド、ピストン
・スプリングガイド、スプリング

image

トレポンの給弾方式が、マルイの給弾方式と全く異なります。
トレポンは、タペットプレートがありません!「ダイレクトプル方式」でチャンバーに装塡します。

シリンダーヘッドをピストンヘッドから真っ直ぐに引っこ抜きます。

ピストンヘッドを引っ張って行くとある程度まではスプリングのテンションでピストンヘッド部分が伸びて来ますが、一定の場所を超えるとそれ以上伸びない為にシリンダヘッドノズルを咥えているピストンヘッド内部のOリングが耐え切れずノズルを離して分離します。
Oリングが消耗してくるとノズルを保持する力が無くなり早いタイミングで離したり全く保持しなくなります。
このOリングが、カナリ重要です。

新品の状態で何度か付けたり外したりして感触を覚えておきます。ま〜3歩、歩けば忘れますが、、、f^_^;)

http://www.systema-engineering.com/

上記のシステマさんのHPでわかりやすく「ダイレクトプル方式」をアニメーションで確認できます。

image

ピストンヘッドには、ピストンとシリンダーの気密をとるOリングと上記で説明のノズルを引っ張るOリングが有ります。

image

重要なOリング!f^_^;)を新品に交換します。

image

バラしたパーツ類をキレイに洗浄しました。
シリンダー内は、いろいろな物を吸い込むので、各パーツをチェックして隅々までキレイにします。

image

新品のOリングです。(^。^)

image

グリスアップして、何度か抜き差ししてグリスを満遍なく循環させてハミ出た余計なグリスを拭き取ります。

image

シリンダー内部にも適量のグリスを塗って組み上げします。

image

こんな感じで完了です。
この質感!たまりませんな〜!f^_^;)

また、チャンバーやギアboxのメンテナンスも記事にしていきます。(^-^)/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

見てほしい記事

1

みなさん こんにちは こんばんは ブログ管理人のヨスガノです   最近になって人とのコミュニケーションの場で「趣味はサバゲーです^^」というと 意外にも「わあー やってみたい!」というお声を ...

2

みなさん こんにちは こんばんは ブログ管理人のヨスガノです チーム爆DANにはスナイパーライフルを使う人が少ないです メリットも少ないですが 2、3センチの隙間から敵を仕留めたときの感覚は癖になりま ...

3

みなさん こんにちは こんばんは 闇の管理人ヘルシェイクヨスガノです   みなさんはサバゲーで使うエアソフトガンを 箱出しノーマルで使っていますか? それともカスタムしていますか? そのカス ...

4

みなさん おはようございます わたしが「Y」です 今日はとてもワクワクするお知らせです タイトルにもあるように とうとう G&G PDW15 AR 401custom を売ります   ...

-401の記事, PTW, メンテナンス
-,

Copyright© BAKU-Dan Blog , 2018 All Rights Reserved.