401の記事 カスタム

401 custom G&G デスマシーン ゆ〜すけ様

こんにちは、401customです。

今回は、HCLAのゆ〜すけ様よりG&Gのデスマシーンをお預かりしました。

カスタムさせていただきます。



ゆ〜すけ様のデスマシーン!

早速!バラしていきます。あっ!計測!f^_^;



忘れていませんよ!(^。^)

ちゃんとバラす前に計測しました。

7.4vだとレスポンスもサイクルもイマイチでした。

(^_^;)

一緒にお預かりした11.1vのバッテリーだとちょうどいい感じですね!(^。^)

でわ!バラします。



アッパーレシーバーを外してインナーバレルを取り出しストックパイプを外します。



ロアレシーバーからグリップとモーターを外してメカboxを取り出します。

赤丸印のネジがありません!

さらに他のネジも緩んでいます。(^_^;)



メカboxをオープン!

スパーギアとセクターギア上側にシムがありません!ギアがガタガタです。(^_^;)

よくご無事で、、、(^_^;)



メカboxから全てのパーツを取り外して洗浄しながらチェックします。

軸受けもポロリでした。



メカboxの下処理が完了!

軸受けを接着剤で固定します。



軸受けが固定できたらシムを調整します。

先ずはベベルギアとピニオンのバックラッシュを調整します。



続いてスパーギアとセクターギアを調整!

開けては閉めての繰り返し作業です。



ピストンとピストンヘッドはノーマルを使用します。

ピストンのラックギアをバラして脱脂してから接着剤で固定します。

ピストンヘッドはネジロックを塗って固定します。



チャンバー周りをバラします。

今回はインナーバレルもチャンバーも交換します。



シリンダーを真鍮製に交換してシリンダーヘッドを取り付けます。



ピスクラ回避!レスポンスUPの為、セクターギアは3枚カットしてセクターチップを取り付けます。



仮組みして給弾タイミングを確認します。



インナーバレルを交換してHOP窓を加工します。

チャンバーはG&G最新型の同軸調整型を使用します。



バッテリーへのコネクターをT型2Pミニに交換します。

お預かりのバッテリー側も交換しておきます。

これで接触不良になる原因を1つ減らすことができますね!(^。^)



セレクタープレート、カットオフレバー、トリガーストッパーなどを組み直します。

通常のスイッチをオミットしてETUを組みます。

ストレートトリガーに交換するのでトリガーストッパーを削って調整します。



ギアをビスタックでグリスアップして組み直します。



シリンダー周りをシリコングリスでグリスアップします。



ピストンヘッドやノズル部分にもシリコングリスを塗っておきます。



各部、各パーツをグリスアップして組み上げます。



無くなっていたネジもつけておきますね!

(^_^;)

ネジロックを少量塗って固定します。



モーターはサマコバが入っていました。



起動テストです。

全然違う!全く別物になりました。f^_^;

7.4vのバッテリーでじゅうぶんです。(^。^)



ご依頼どうりに少し初速は抑えておきました。

コレで納品させていただきますね!(^。^)

この度は401customにご依頼をいただきありがとうございました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
もし!?
401customに興味を持たれた方、カスタムやメンテナンスのご依頼など下記のtwitterのDMなどでご連絡ください!
よろしくお願いします。

もちろん!質問や相談などでもかまいません!

twitter:@401custom

-401の記事, カスタム
-, , ,



(1ポチ/1日オネガイシマス)