401の記事 未分類 カスタム

401custom G&G RK74 カスタム 分解

2018/03/16

こんにちは、ヨンマルイチcustomです。

今回は、メンバーのGen Genが購入したG&G RK74をお預かりしました。

電子トリガー標準装備のAKです。



G&GのPredatorやWILDHOGに搭載されている「ETU」がVer.3に!!
信頼性の高い新型ETUとなっています。

このETUは、スイッチ保護のFET機能に加え、バッテリー保護機能や3点バースト機能を備えた高性能!!

さらに!3点バーストの設定は外部コントローラーは不要で、セミオートポジションでトリガーを10秒間引き続けると、フルオートポジションが3点バーストに切り替わるスグレモノ!

3点バーストを解除する時には、もう一度セミオートポジションで10秒間トリガーを引くだけでOK!

簡単!(^。^)



バラす前に計測します。忘れないうちに!

f^_^;



早速!バラしていきます。

新品なので傷をつけないように慎重に!

f^_^;



アンビタイプのダミーボルトを取り外します。

デッキロックを前方にスライドさせながらガイドロッドを取り外し、ダミーボルトを最後退させて取り外します。



赤丸印の配線を止めているステーを外します。

プラスネジ2本!



赤丸印の6角4本を取り外します。

青丸印はチャンバーを固定しているネジです。



リアサイトブロックのあたりをゴムハンマーなどで軽く叩きながら、フロント部分を前方に引き抜きます。



青丸印のチャンバーを固定しているネジを外してチャンバーを取り外します。



グリップの底のプラスネジを外してグリップを取り外します。



ver.3はモーターがメカBOXに固定されているのでグリップの取り外しがver.2よりも簡単です。



セレクターレバーの付け根の蓋を開けてセレクターレバーを外します。

プラスネジ1本!



通常のAKであれば、そのままレシーバーからメカボックスを取り出すことができますが、このRKはモーターホルダーがレシーバーを通らないので、この状態でモーターホルダーを外す必要があります。

6角ネジ2本!



モーターを外して配線を外します。



コレでメカBOXがレシーバーから取り出せます。



セレクタープレートは違いますが、見た目通常のver.3と変わりありません!



メカBOX上部の金属プレートと配線を取り外します。



セレクターギアを取り外します。



メカBOXをオープン!(^。^)

お疲れ様でした。f^_^;

各パーツを取り外して洗浄、チェックしてきます。

まだまだパーツクリーナが冷たいです。(>_<)

今回は、このRK74をDSG仕様に仕上げていきます。( ̄^ ̄)ゞ

それでは、みなさま!寒い日が続きますが体調管理に気をつけて風邪をひかないように!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
もし!?
401customに興味を持たれた方、カスタムやメンテナンスのご依頼など下記のtwitterのDMなどでご連絡ください!
よろしくお願いします。

もちろん!質問や相談などでもかまいません!

twitter:@401custom

-401の記事, 未分類, カスタム
-, , , ,



(1ポチ/1日オネガイシマス)