401の記事 未分類 カスタム

401custom PTW フルオート キャンセル

2018/01/26

こんにちは、401customです。

今週の日曜日は、待ちに待ったトレンチでの爆祭です。(≧∀≦)

ついに!来たぁ〜〜〜〜〜!(^。^)

爆祭までの預かり物も全て完了したので!自分の銃をメンテナンスします。( ̄^ ̄)ゞ

ジャクカービン!(≧∀≦)



とりあえずギアBOXを取り出します。

ギアBOXの取り出し方は過去の記事を参考にしてください。m(_ _)m

PTW ギアBOX 取り出し



今回はギアBOXのメンテナンスはしません!

 

常に日頃から時間が有ればバラして洗浄し組み直しています。f^_^;

何をするのか⁉️

フルオートをキャンセルしようと思います。

PTWは給弾システムがフルオートに不向きです。

さらに!僕の場合DSGなのでより一層!不向きなのでセミオートでしか使いません!(^_^;)

たぶんPTWをお使いの方は、ほとんどがセミオートだと思います。



そんなことでフルオートをキャンセルしますが、方法は何パターンかあります。

①上記画像の赤丸印のセレクター基盤の凸を削り飛ばす。

②セレクター基盤のフルオートの配線をカットする。

③セレクタープレートの可動範囲を縮小する。

もし?元に戻す場合①はセレクター基盤を買いなおさなければいけないのでキャンセル!②は細かい配線を繋ぎ直すのが大変なのでキャンセル!

③に決定❗️(^。^)



セレクタープレートの可動範囲を縮小する為につっかえ棒のような物を作ります。

素材はプラスチックでもアルミでも鉄でも何でもいいのですが、僕はアルミが好きなのでアルミで作ります。(^_^;)

縦6mm横4mm厚み2.5mm

適当なアルミ素材から削り出します。



先程!作ったアルミ素材を両面テープなどで貼り付けてセレクタープレートの可動範囲を縮小します。



上記の画像のようにセレクタープレートの可動範囲が制限されてセレクター基盤のフルオート凸を押せなくします。

元に戻す場合は外すだけで元どうりです。

(^。^)



ついでにグリップを外してモーターブラシのチェックもして綺麗に掃除しておきます。



これでセーフティーレバーもセミ以上に可動することはありません!

セラコートなどでフルの刻印を消すとより一層リアルですね!

ジャクカービンはフルの刻印を消しています。

今回はPTWの小ネタでした。

それでは!みなさん爆祭でお会い出来るのを楽しみにしています。m(_ _)m

 

-401の記事, 未分類, カスタム
-, , , ,



(1ポチ/1日オネガイシマス)