401の記事 カスタム

401custom G&G FIRE HAWK カスタム

こんにちは、ヨンマルイチcustomです。

年も開けて冬本番ですね!(^_^;)

毎日、寒い日が続きますが、みなさん体調管理に気をつけてくださいね!

今回は、福本様のG&G FIRE HAWKを紹介させていただきます。



コンパクトで取り回しが良いですね!



バラす前に計測!

レスポンス良く撃てるようにカスタムしていきます。( ̄^ ̄)ゞ



インナーバレル短い!(^_^;)

 

インナーバレル、メカBOXを取り出します。

モーターは袋に入れて保管しています。



メカBOXをオープン。



各パーツを取り外し洗浄してチェックします。



チャンバーもバラして洗浄します。



メカBOXの下処理を行い軸受けを交換します。

接着剤でキッチリと固定します。



軸受けが固定できたらギアのシムを調整します。



セクターギアを3枚カットして、セクターチップを取り付けます。

G&Gのノーマルギアですが、硬い!f^_^;

 



ノーマルの配線を外して、テフロン配線でやり直してFETを取り付けます。



シム調整が終わったギアを借り組みします。



ギアの作動テストする為にグリップとモーターを取り付けます。

モーターは、マルイのE/G1000に交換!



作動テスト!

ギア単体なので音が聞き取りやすいです。

とりあえずバラします。



ピストンを交換します。

ピストンヘッドは、ノーマルを使用します。



シリンダーヘッドにシールを巻いて組み直します。



ギアをワコーズのビスタックでグリスアップして組み直します。



シリンダー周りにシリコングリスを塗っておきます。

薄く塗り伸ばしておきます。



ピストンヘッド、ノズル部分にシリコングリスを塗っておきます。



スプリングガイドにネジロックを塗って組み直します。

セクターカットしたのでスプリングも交換します。



各部グリスアップして組み上げ完了!

メカBOXが完成です。



メカBOXをロアレシーバーに組み直して、グリップとモーターを取り付けて起動テスト!

バッチリです。



インナーバレルを加工して、チャンバーを同軸調整型に交換します。



組み上げて計測!

試し撃ちして飛距離や弾道をチェックして納品させていただきます。

m(_ _)m

-401の記事, カスタム
-, , , ,



(1ポチ/1日オネガイシマス)