401の記事 未分類 カスタム

401custom G&G DEATH MACHIEN ETU組み込み カスタム 動画有り

こんにちは、401です。

今回の依頼は、この男!ラッキーマン!

てんちゅう!

サバゲーを始めてスグに抽選でDEATH MACHIEN(デス マシーン)を当てた超〜ラッキーマンです。

僕は、クジ運が無いので羨ましい限りです。



そのDEATH MACHIEN(デス マシーン)を預かりました。



聞くとDEATH MACHIENは限定品だとか!



先ずは、計測!

サイクルが秒間平均12発

初速が平均84〜86

問題無いレベルですね!

ただ!音がうるさい!(^_^;)発射音より作動音が、うるさい!チョット耳障りです。f^_^;

コレは、なんとかしなくては!

早速!バラしていきます。



メカBOXを取り出しました。

一般的なメカBOXの逆側からネジを外してメカBOXを開けます。



メカBOXをオープン!

試し撃ちの時に気づいたんですが、スイッチが一般的な機械式です。(^_^;)

G&Gの上位モデルに採用されている電子制御は、有りませんでした。囧rz

限定品ですが、中身は普通でした。f^_^;

チョット!期待しすぎ!(^_^;)

でも!このデスマシーンを最高の機体に仕上げます。( ̄^ ̄)ゞ



なので!ETU電子トリガーをインストールします。

最新型で、いろいろと出始めにあった問題な所が改善されているらしいです。(^_^;)

コレを使えば、比較的に安く電子トリガー化することができます。(^。^)

たぶん⁈G&G以外のメカBOXにも少しの加工で取り付けできるはず、、、(^_^;)今後、試していきますね!



全てのパーツを取り外して、洗浄しメカBOXの下処理をしてきました。

軸受けのベアリングが、五月蝿かったのでステンレス製に交換します。(^_^;)



軸受けを接着剤で固定してギアのシムをいつも通り調整します。



シリンダーをステンレス製に交換し加速タイプに加工しました。

シリンダーヘッドにシールテープを巻いて組み直します。



セクターギアを3枚カットしてセクターチップを接着剤で固定します。

給弾タイミングをセクターチップで調整します。



調整の終わったパーツを取り外して、セレクタープレートをETU付属の方に交換しスイッチをとりつけます。



せっかくの電子トリガーなので、トリガーストロークをショートに加工します。

この時、トリガーロックストッパーをショートストロークになったトリガーに合わせてセーフティーが、かかるように削って調整します。



トリガーとストッパーの作動をセレクタープレートを動かしてチェックします。



配線を組んでいきます。



シム調整が終わっているギアをワコーズのビスタックでグリスアップして組み直します。



シリンダー周りにシリコングリスを塗っておきます。



ノズルやピストンヘッドにシリコングリスを塗っておきます。



ノーマルスプリングは、カットして初速を調整していたみたいですね!

セクターをカットしたのでスプリングを交換します。



各パーツをグリスアップして組み直します。

スプリングガイドもベアリング式に交換しました。



組み上がったメカBOXをロアフレームに組み直して、グリップとモーターを取り付けて!

起動テスト!

バッチリ!OK!(≧∀≦)

ETUのインストール完了です。まぁG&G純正なので付かないとまずいです。(^_^;)

ただ!ストックパイプに基盤を収納しなければいけないのでバッテリーのスペースを確保するのが難しいです。(^_^;)スペースを確保する事が可能ならこのETUは良いですよね!



チャンバーも同軸調整式に交換してインナーバレルを少し伸ばして真鍮製に交換!



ラッパハイダーを取り外して、普通のハイダーに交換します。

ハイダーが、奥に入り込んでしまうので、20mm延長のアダプターを取り付けました。



こんな感じ!f^_^;



そして!計測。

サイクルが平均13発

初速が平均90

数字は、あまり変わってませんが、レスポンスは激変しています。f^_^;



撮影しながら撃っているので、こんな感じですが、なんとなくわかってもらえたら嬉しいです。

f^_^;

次回の11月26日、ルートアイリッシュでの爆祭に持っていきますからね!(^-^)/

ちなみに!まだP-90の中身の嫁ぎ先が、決まっていません!f^_^;

どなたか?興味ある方はいませんか?もちろん!ルートアイリッシュへ持って行きますよ!

よろしくお願いします。m(_ _)m

-401の記事, 未分類, カスタム
-, , ,



(1ポチ/1日オネガイシマス)