401の記事 カスタム

401custom G&G CM16SRL VT様 ①

投稿日:

こんにちは、401です。

依頼品が、たくさん有りなかなか思うように作業が進みません!(^_^;)

少し時間がかかっていますが、ちゃんと期日には、納品できるようにしていますので、心配しないでくださいね!(^。^)

今回はVT様からお預かりしたG&G CM16SRLを紹介させていただきます。

前回の爆祭に参加されて、このCM16SRLを持ってきてくれました。試射レンジで、少し試し撃ちさせていただきましたが、35mぐらいで弾が落ちます。(^_^;)HOPをかけると上がりすぎ!(^_^;)

作動に関しては問題無いレベルでした。

HOP周りのカスタムと中身は組み直しで、いけそうな感じです。(^_^;)

早速、バラしていきます。

ピンを抜いてレシーバーを分割します。

アッパーレシーバーをはずしてインナーバレルを取り出しておきます。

ストックを抜きます。

ストックパイプをはずしストックパイプ内に収納されている、FETユニットを引っ張りだし、タイラップを切って外します。

基盤に接続されている信号線のコネクターをはずしておきます。

グリップの底蓋をはずします。

モーターに接続されている動力線をはずして、モーターを取り出します。

グリップ奥にある+ネジ2本をはずして、グリップをはずします。

マガジンキャッチをはずします。

トリガーピン。
片側にローレット加工がされているので、このピンのギザギザしている反対側から叩いて抜きます。

メカboxはver.2ですが一般的なメカboxとはネジの向きが逆です。

メカボックスを開ける際には、スプリングガイドにピンポンチ等をぶち込んで抑えながら開けると、スプリングが飛び出さずにすみます。
同時にシリンダーも抑えながら開けると良いですね!(^。^)

各パーツを取りはずして、洗浄しながらチェック!します。

明日も頑張りましょう!(^。^)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-401の記事, カスタム
-, ,

Copyright© BAKU-Dan Blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.